保険・比べてメニュー
  • 概要
  • 生命保険ランキング
  • 自動車保険ランキング
  • バイク保険ランキング
  • 関連商品
  • 相互リンクページ
  • リンク受付ページ
  • サイトマップ
  • 運営者表記

トップページ > 概要

そもそも、保険とは?

私たちには、生活する上で大きなリスクがたくさんあります。ちょっと数えてみるだけでも、病気、怪我、地震などの天災、会社に勤めている人であれば会社の倒産、交通事故の被害者となった場合の治療費や、もし加害者になってしまった場合の賠償責任…現代社会ではそれらのほぼ全てに、お金の問題が絡んできます。また、平均寿命が延びている現在、定年退職を迎えた後の老後の経済問題などもリスクとしてあげられます。保険とは、こうしたリスクを抱えた人たちが少しずつお金を出し合うことで、万一の事故があった場合に経済的な援助を受けられるようにするものです。

保険を上手に活用することで、私たちの生活を取り巻くリスクを軽減して、いざ何かあったときにあわてずにすむことができるのです。

生命保険の基礎知識

生命保険は、人の生死という最も根幹の部分を扱う保険となります。生命保険には、大きく分けて3種類があります。
また、保険商品には、それぞれ「主契約」と「特約」があります。

生命保険の3種類

定期保険 一定の期間保険金を払い込み、保険期間内に死亡した場合のみ、死亡保険金が受け取ります。
いわゆる「掛け捨て型」と呼ばれる保険が、この定期保険に当たります。
契約期間万炉湯時はの払戻金などはありません。私たちから見れば一件損に見えますが、保険会社から見た場合は支払いリスクを低く抑えられるため、保険金が安くなります。
終身保険 定期保険とは異なり、契約した時点から一生涯保険が適用されます。支払い方法は大きく2種類に分けられ、一定期間で保険金の全額を支払う「短期払い」と保険が適用される時点まで、すなわち死ぬまで保険金を支払う「終身払い」があります。また、途中解約した場合に解約払戻金というものが返ってきます。
養老保険 一定の期間保険金を払い込み、満期時までに死亡した場合は死亡保険金を、生存した場合は満期保険金を受け取れます。長生きすることをリスクとして捉えた場合、老後に向けた一種の貯蓄として考えることができます。ただし、満期になるまでは自由に引き出すことが難しいので一般的な貯金とは大きく異なります。

主契約と特約

主契約 保険についている様々な契約のうち、主となるものです。上記の定期保険、終身保険、養老保険が主契約となります。
特約 保険として主契約に追加されるオプション的な契約です。がん宣告された場合に別途保障されるがん特約・余命6ヶ月以内と診断された場合に、生前に保険金を受け取ることができるリビングニーズ特約などが代表的な特約です。

自動車・バイク保険の基礎知識

自動車・バイクの保険には強制保険、いわゆる自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は、交通事故の被害者に対して最低限の賠償金を確保するために自動車の利用者に対して加入が義務付けられており、加入していないと刑事罰も課せられます。ただし、この自賠責保険による保険は支払限度額や、物損事故についての補償は行われないことから、重大な事故に対しては十分な保険金が支払われないことがほとんどです。このため、運転手は自賠責保険以外にも任意保険に加入することが強く推奨されます。